自治労新潟県本部にお伺いしました。(6月9日)

《活動》

6月9日、自治労新潟県本部にお伺いし、いくつかの組合でお話しをする機会をいただきました。

【新潟県職員労働組合第135回中央委員会】

新潟県職員労働組合の第135回中央委員会にお伺いし、お話をする機会をいただきました。
私は福岡県職労出身であり、また、福岡から自治労本部に出てきて、一番最初に担当したのが県職共闘でした。

その県職共闘の仲間のみなさんの前でごあいさつできたこと、コロナ禍にあってもお招きいただいたことに心から感謝します。
また、当時からお世話になっている長沢委員長とも久々にお会いできて、本当にうれしかったです。

【県内の組合を訪問】

自治労新潟県本部に調整いただき、県内の組合にお伺いして、このコロナ禍の現場実態等について、いろいろお話しを伺いました。
日々変化するワクチン対応や各所への報告、さまざまな住民対応など、職員のみなさんが本当に大変ななかで日々公共サービスを守り、担っていただいていることを、お話しを聞いて改めて実感しました。

「健全な公共サービス」を取り戻し、「みんなで支え合う社会」を実現するすためにも、しっかりと歩を進めて参ります。

<<訪問した組合>>
・新潟市職員労働組合
・新発田市職員労働組合
・五泉市職員労働組合
・阿賀町職員労働組合

引き続き、対面でお話しする機会を設けていただいたみなさんの想いと、その貴重な機会を大切にし、私の想いをしっかりとお伝えしていきたいと思います。